シンプルで利益を獲得しやすいトレイングストップを使ったトレード手法

トレイングストップ,ストップロス

FXはシステム的に行えますので注文方法もいろいろあります。

 

代表的な注文に「成行、指値、逆指値、IF、OCO」
といった注文方法があります。

 

これは自分のトレードスタイルにあったものを利用するに限ります。

 

注文方法を決める前に自分のトレードスタイルを決めるのが先です。

 

FXの注文方法は機械的ですし難しくないです。
デモトレードで数回試してみれば動き方はわかります。

 

特に裁量取引で行われる方は「逆指値=ストップロス」の注文は必須です。

 

人間は弱い生き物なので、どうしても含み損が発生していると、ポジションをエキジットできなくなってしまいます。

 

しかしFXで成功するためには自分に規律を持つことが何よりも大切です。
そのためにもエントリーしたらすぐエキジットの設定を行う必要があります。

 

FX相場はリアルタイムに動いていますので、利益が乗ったら買値の上に逆指値(ストップロス)の設定をして安全にしようと考える方も居ますが、相場は思っているようには行きません。

 

初心者さんの場合は注文をしたらすぐにストップロスの設定は必要ですが、なかなか出来ない方は機械的に行ってしまった方が良いです。

 

「GMOクリック証券」でしたら最初にストップロスの幅の設定を行っておけば、注文をするのと一緒にストップロスの注文も行われるので、ストップロスの設定を忘れる心配は無く便利です。

 

この方法なら相場の急激な変化にも対応可能です。

 

何より機械的に行えるので、余分な感情が入らず注文できるのが良いです。

 

ストップロスに合うと最初はガッカリするものですが、少し時間が経つとストップロスに引っかかったお陰で資産が守れたと言うケースは頻繁にあります。

 

 

私はストップロスよりトレイングストップの方が相性が良いので多様しています。

 

トレイングストップの設定も最近のシステムでは、エントリーと一緒に行えるようになり便利です。

 

 

トレイングストップは為替レートの動きと一緒にストップロスのレベルも動いていくので、上手に使えばストップロスより利益確保が行いやすいです。

 

 

逆にストップロスだけでは資産を守ることはできますが、利益の確定が行えません。

 

利益を確定するためには指値注文も一緒に行う必要があります。

 

 

この指値注文と逆指値注文を一緒に行えるのが、トレイングストップ注文であり、ヒロセ通商の「LIONーFX」とJFXの「MATRIX TRADER」のシステムでは行えます。

 

 

「LIONーFX」も「MATRIX TRADER」はバージョンアップのスピードが早く、日々、使いやすくなってます。

 

一度トレイングストップの自動化の注文方法に慣れてしまうと他のシステムに触れなくなりました。

 

トレイングストップの注文もエントリーと一緒に行えるようになって利益がより確実になって来ましたので、ストップロスの設定に悩んでいる方は一度試してみると良いと思います。


【実績と安定したトレード環境でおすすめの証券会社】

[保全体制][約定安定能力]を考慮して下記の2社は揃えて置く必要があります。

【GMOクリック証券FXネオ】
GMOクリック証券【FXネオ】
5年連続でFX取引高世界第1位の実績 ⇒安定度No1
低スプレッドと高スワップポイントを兼ね備えている


【DMM FX】
DMM.com証券
FX取引高では毎年世界でTOP3に入る急成長の会社
FX口座開設で1万円キャッシュバックなどサービス多数


FX,勝つためには

>>実績と信頼のあるオススメの証券会社はコチラから!<<


FXトレード勉強するには

FXで勝つためにはトレードの勉強は必須です。
自分のトレードスタイルを決めるにも実践勉強が必要になります。
有益な相場環境の情報は実践トレードに欠かせません。

FX,勝つためには

>>自分のトレードスタイルを確立するには!<<



FX,勝つためには

>>最新のトレード情報をつかむにはコチラから<<